はじめよう、健康習慣。 続けよう、元気な毎日。 信じよう、幸せな未来。

添加物の気にしすぎは反って体に悪いかもしれない。添加物の長所・短所

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
意外と知られていない健康に関する知識や実践して効果のあった健康法を紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

私は健康オタクになって以来、スーパーやコンビニで弁当・惣菜を買うときは、必ず原材料を見てから購入するようになりました。

総菜系は必ず何らかしらの添加物が含まれており、ひとたび気にしすぎると何も食べられなくなってしまうくらいです。

添加物は人体に影響のない範囲内で使われているという話は知っていますが、それでも発がん性が疑われている薬品の名前が目に入ると買う気を失せます。少しでも怪しい添加物は避け、完全無添加の物以外は口にすべきでないのでしょうか?

今回は、添加物のメリット・デメリット、添加物は避けるべきか否かについて考えていきたいと思います。

ad1

添加物の危険性

総菜や弁当の中には、発がん性のあるものや心筋梗塞など命を危険に晒す種類の添加物が含まれています。

雑誌や本などで危険な添加物リストのようなものが書かれているのを目にしたこともあるのではないでしょうか?体に危害を及ぼす添加物は少量でも体に蓄積されるため、長く摂り続ければ、将来大きな病気を患うリスクを高めるという論調です。特に肝臓に添加物の毒素が蓄積されやすいため、沈黙の臓器である肝臓を悪くするという話もあります。

いずれにしろ体にとって全くメリットのない添加物は、できるだけ避けたいものですよね。

 

添加物のメリット

添加物のメリットは言うまでもなく食品を長持ちさせられることです。昔のような添加物がなかった時代では、すぐに腐ってしまい、今のように作り置きの総菜や弁当を気軽に食べられることはありませんでした。

「保存料・着色料無添加」と記された弁当でも何らかの添加物が含まれています。そうでないとすぐに傷んでしまい、売り物になりません。

では完全無添加が安全かというと決してそうではありません。添加物がないと食中毒のリスクが高まり、発がん性のある添加物よりはるかに危険です。食中毒は即命にかかわりますし、一回くらいでは症状が現れなくても有害菌を繰り返し摂り続ければ、添加物以上に発がんリスクを高めます。

もちろん野菜や肉、調味料を揃えて自分で料理を作るならいいですが、もし外食やスーパー・コンビニの弁当を食べるなら、最も危険な食中毒を防ぐために添加物は不可欠なのです。

 

添加物の安全性

食品に添加物を使用する際は、動物実験で安全だと確認された基準値以下を遵守するように厳しく制限されています。そのため、毎日大量に摂り続けない限り、人体に悪影響が及ばないようにできているわけです。

そうは言っても、発がん性などが指摘されれば怖くなるのは当然のことです。ただ、添加物以外の私たちが安心して食べているような物も含め、どんな食べ物にも必ず致死量は存在します。

例えば塩は添加物ではないので安心して毎日口にしていますが、摂り過ぎれば重篤な症状を引き起こします。極端な話ですが、醤油1lを一気飲みすれば、こうナトリウム血症を起こし即座に死に至るのです。

ハムやソーセージ、たらこなどに使われる亜硝酸ナトリウムは、肉に含まれるアミンと結合してニトロソアミンになり、発がん性をもたらす危険な添加物と言われています。ところが、私たちが「健康にいい」と信じて意識的に摂るように心掛けている野菜にも亜硝酸窒素が含まれており、亜硝酸ナトリウムと同じく肉のアミンと結合してニトロソアミンを作り発がん性物質に変化するのです。でも「野菜は避けるべきだ」と書かれている週刊誌や本は見当たりませんよね?

結局は、どんな食品でも摂り過ぎれば危険で、適量以下に抑えることが大事なのです。

 

添加物を最小限に抑える方法

そうは言っても、添加物は野菜や塩のような栄養や健康上のメリットは何もないわけですから、できることなら避けたいものです。そこで、添加物の少ない惣菜の選び方をお伝えします。

 

冷凍食品

まず、冷凍食品は菌が繁殖する余地がないので添加物はほとんど使用しておりません。解凍して食べる余裕があるようなら積極的に利用してみてください。

最近では、温めるだけで食べられる冷凍弁当もあり、忙しくて料理を作る暇のない人でも栄養バランスの整った食事を取れるので便利です。

累計2,000万食突破!! 大人気の食事宅配サービス「食宅便」

袋に入っている惣菜

同じ惣菜でもパック詰めより密閉した袋に入っている方が添加物は少ないです。冷凍食品と違い温める必要はないので、お昼のお弁当代わりに食べられます。

試しに総菜コーナーの煮物と下リンクのような袋詰めの煮物の原材料を比べてみてください。あまりの違いに愕然とするはずです。

ただし、袋詰めの煮物には中国産の野菜が使用されていますので、気になる人は要注意です。ただ、総菜コーナーのパック詰め商品も中国産が使われている可能性もあるので、店員に確かめたほうがいいでしょう。

 

健康食品店の弁当・惣菜

ナチュラルハウスこだわりやなどの健康食品店を利用する方法もあります。値段は少し高いですが、スーパーの総菜より添加物ははるかに少ないので安心して食べられるはずです。

栄養バランスの整った弁当もありますので、無添加にこだわりのある方はぜひ利用してみてください。ただし、無添加なので日持ちはしない点は留意しておく必要があります。

 

まとめ

添加物は体に必要なものではなく体にとっては悪いことだらけなので、できれば避けたいものです。

ただ、あまりこだわり過ぎると何も食べられなくなってしまうので、自炊する余裕のない人は、ほどほどのところで妥協するしかありません。

添加物を気にしすぎることでストレスになり、結果的に添加物よりも体に悪いです。ここで紹介した添加物の少ない総菜・弁当を上手に活用し、健康的な食生活を送ってくださいね。

ad2
この記事を書いている人 - WRITER -
意外と知られていない健康に関する知識や実践して効果のあった健康法を紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 健活ラボ , 2018 All Rights Reserved.