カラダを変えるために知っておきたい知識を紹介

財布忘れた、帰れない!3度失敗した私が対処法を教えます

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
意外と知られていない健康に関する知識や実践して効果のあった健康法を紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

「しまった!財布を家に忘れた。帰れない。どうしよう(泣)」

私は自宅から5キロほど離れた駅までウォーキングに行き、電車に乗って帰ってきます。もうお気づきのことと思いますが、財布を忘れたことに初めて気づいたのが、駅で電車に乗ろうとしたときだったのです。

恥ずかしいことに、私はそんな失態を3度もやらかしてしまいました。さらに、3度とも違う解決策を取っています。

そんなわけで、窮地に陥ったときに私が実際に行った3つの行動と、万が一の時でも確実に自宅に帰れる方法をお教えします。

ad1

実際に私が取った行動

私は「財布を忘れて帰れない」という失態を3度も犯してしまいましたが、その時、実際に取った対処法を紹介します。

1回目:歩いて帰った

交番でお金を借りることも考えたのですが、近くに交番が見つからず、また誰にも頼む勇気がなかったので、結局歩いて帰ることにしたのですが、これが想像を絶する過酷な旅でした。

この日は真夏で、さらに水も全て飲み干してしまい、財布もないので水を買うこともできない。炎天下の中を一滴の水も飲まず、ひたすら5キロ程離れた自宅まで歩いて戻る羽目になりました。今考えれば、熱中症にならずに済んだのが不思議なくらいです。

通常なら歩いて帰るという選択もあり得なくはないですが、猛暑の中を歩いて帰るのは危険なのでNGです。

 

2回目:交番でお金を借りた

2回目のときは別の駅で、今度は近くに交番があったので、そこで電車賃を借りることにしました。

ただ、それが大変面倒な手続きを強いられることになります。財布を忘れた理由を説明するのに手間取ったり、書類を書かされたりと、お金を借りるだけで1時間近くを要すことになってしまいました。

結局、歩いて帰る方が早いというオチになりました。

関連記事:交番でお金を借りるには?手続きの一部始終をお見せします!

 

3回目:お金なしで電車に載せてもらった

3回目は初回と同じ駅でしたので、「交番」という手段は使えません。

ただ、さすがに初回のごとく歩いて帰るのは懲り懲りだったので、勇気を出して駅員さんに事情を話すことにしました。

 

すみません。お金がなくて電車に乗れないので、お金を貸していただけないでしょうか?

お金は貸せません!

駅員

電車に乗らないと帰れないので、どうにかならないでしょうか?

今から乗車証明書を発行しますので、下車駅でこれを見せながら今と同じ説明をしてください。

駅員

 

そういうわけで、印を押された切符をもらい、なんとか電車に乗ることができました。下車駅では、連絡先とお金を払いに行く予定時刻を記入し、事なきを得ました。

交番のような面倒くさい手続きもなく、すぐに電車に乗れたのも大きかったです。

もちろん、払う予定だった電車賃は当日中に払いました。

 

その他の解決策

私が実際にやった方法以外にも、以下の解決策が考えられます。

 

・家族や知人に迎えに来てもらう。

・タクシーで帰る(タクシー代は自宅にあるお金で支払う)

・近くのコンビニやスーパー等のお店でお金を借りる。

 

一番おすすめの対処法

私のおすすめは、駅員に頼んで電車に乗せてもらう方法です。わざわざ歩いて帰らなくて済みますし、交番のような煩雑な手続きも要らないのでスムーズです。

その他、身内が近くに住んでいるなら迎えに来てもらうという手もありますが、こんな馬鹿げた失態を知られるのは恥ずかしいので、個人的にはやりたくありません。

 

まとめ

財布を忘れて自宅帰れないときの対処法を、私の実体験を交えて見ていきました。

もちろん財布を忘れないのが一番良いに決まっていますが、人間なのでうっかりやらかしてしまうこともあります。そんな時は焦らず、落ち着いて駅員に事情を説明してください。

財布を忘れたくらいで、決して帰宅難民になる必要はありません。

 

ad2
この記事を書いている人 - WRITER -
意外と知られていない健康に関する知識や実践して効果のあった健康法を紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 健活ラボ , 2018 All Rights Reserved.