はじめよう、健康習慣。 続けよう、元気な毎日。 信じよう、幸せな未来。

電子レンジ危険説3つの嘘!発がん性・栄養破壊・電磁波・・・

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
意外と知られていない健康に関する知識や実践して効果のあった健康法を紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

普通に生活していれば誰もが使うであろう電子レンジ。その電子レンジが体に悪いと唱える科学者や健康専門家が多くいます。

発がん性・栄養破壊・電磁波など

そんな情報を目にすれば、電子レンジの使用を敬遠してしまいますよね。

今回は、電磁波危険論の内容と誤りを解説します。

ad1

電子レンジが危険と言われる理由

電子レンジの危険性がネットや書籍を通して広まっています。ここでは、電子レンジが体に悪い根拠とされている説明をご紹介します。

 

電磁波が人体に当たる

電子レンジの近くにいると、電磁波の被爆を受け、長年続けば白血病や脳腫瘍などのリスクを高めるという説です。

確かに、電磁波が直接身体に当たってしまうと大ダメージを免れません。

 

食品の細胞と分子が破壊される

電子レンジで温めた食品は、細胞や分子が破壊され栄養が完全に失われるという意見です。

さらに、電子レンジにより破壊された食品は、自然界に存在しない毒物に変性し、それを食べると消化吸収できず体内に蓄積していきます。

長年にわたり電子レンジの使用を続けると、毒物の蓄積が積み重なり、最終的にはガンを発生させるという説を唱えています。

 

科学者による実験

電子レンジの健康被害を示す実験として、1991年にスイスの食物科学者ハンス・ヘルテルが行った実験が知られています。

数日間にわたり、電子レンジで加熱した食品だけを食べ続けるグループと電子レンジを一切使用しないものを食べ続けるグループに分け、被験者全員に食事の前後で血液検査を行い変化を調べました。

電子レンジで調理した食品を食べたグループには以下のような変化が見られました。

1、リンパ球(白血球)の減少
2、赤血球、ヘモグロビン、ヘマトクリット値、白血球の減少(正常値の中の下限値となった)
3、 コレステロールの増加
4、白血球の増加

 

電子レンジ危険説3つの嘘

前章で電子レンジ否定派の主張を紹介しましたが、これらの『電子レンジ危険説』がいかに誤りであるか、3つの嘘を暴いていきます。

 

電磁波の漏出

扉を閉めて電子レンジを使用している限り、電磁波がほとんど外に漏れない設計になっています。

また、万が一扉を開けたままスイッチを押してしまっても、そもそも稼働しないので、当然電磁波の漏出も起こりません。

電子レンジよりもスマホや携帯電話からの電磁波の方が強く、電子レンジの電磁波を気にしていたら、一切の電化製品を使用できなくなってしまうでしょう。

 

栄養破壊

電子レンジは食品中の水分子にマイクロ波(電磁波)を照射し、水分子が熱振動することで過熱する仕組みです。

食品の内部までマイクロ波を照射するわけではないので、食品中の細胞や遺伝子に直接影響は及びません

もちろん、熱によりビタミンが失われることはありますが、それは煮る・焼くなど全ての過熱調理に言えることで、電子レンジだけが特別ではありません。

 

発がん性

食品中の栄養が変性して発がん物質に変わるという主張も、上述のように細胞や遺伝子にまで影響を及ぼすことはないので誤りです。

また、上述したハンス・ヘルテルの実験も詳しい実験内容や数値データが示されておらず、誰も追試不可能な状態で根拠がないとされています。この実験が発表されたのも、学会誌ではなく一般誌なので余計に相手にされていません。

類似の実験報告はヘルテル以外にもなされてきましたが、ろくなデータや詳しい再現手順を示せず、単なる自己申告に過ぎないため、全く信憑性がないのです。

これまでのところ、「電子レンジのマイクロ波で加熱された食品が発がん物質に変性する」ことを示す正式な論文や発表はありません。

ネット上などで散々広まっている『電子レンジ発がん説』は、単なるエセ科学の一つに過ぎないのです。

 

電子レンジが健康被害を引き起こすケース

ただし、使い方によっては電子レンジが体に悪い影響を及ぼすこともあり得ます。

電子レンジの熱に耐えられない容器を使用し、溶け出したプラスチックが食材に混ざり大量摂取してしまうと危険です。

プラスチックが体内に入ることで、ガン・心疾患・糖尿病などの病気につながることが指摘されています。

電子レンジで温める場合は、必ず電子レンジ使用可の表示を見落とさないようにしましょう。

 

まとめ

電子レンジにまつわる有害説は科学的に立証されたわけではなく、今のところ机上の空論に過ぎないので、過度に気にする必要はないでしょう。

どうしても不安な場合は、電子レンジの代わりにウォーターオーブンを使う手もあります。ウォーターオーブンは電磁波ではなく水蒸気で温めるので、電子レンジで噂されている健康被害の心配も不要で安心して料理を楽しめます。

電子レンジと同じ使い方ができるので、これ1台あれば電子レンジを一切使わないで済みます。

 

ad2
この記事を書いている人 - WRITER -
意外と知られていない健康に関する知識や実践して効果のあった健康法を紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 健活ラボ , 2018 All Rights Reserved.