はじめよう、健康習慣。 続けよう、元気な毎日。 信じよう、幸せな未来。

睡眠中の口テープは苦しい?実際に使ってみた感想

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
意外と知られていない健康に関する知識や実践して効果のあった健康法を紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

睡眠中の口呼吸を治したいという方に効果抜群なのが口テープ。

テープを口に貼るだけで、強制的に口呼吸を停止し鼻呼吸に切り替えられます。

ただ、口を塞がれた状態で寝ることで、睡眠中に呼吸が止まって苦しいのではないか?という不安が付きまとうのも事実。中には「息が止まって死ぬのではないか?」と心配もあるほどです。

そういうわけで、口テープを30日間使ってみてわかったことを紹介します。

 

ad1

口テープを使うメリット

口にテープを貼ることで、就寝中の口呼吸を防ぐことができます。

口呼吸は、いびきや細菌感染の原因になるため体に悪いと言えます。

実際、大きないびきに悩んでいた男性がこのテープを使うようになってから、「いびきを全くかかなくなり家族に感謝された」と好評です。

 

今回使用した商品

 

 

今回使った口テープは “ねむるん 30日分” です。

セット購入するとお得ですが、今回はとりあえず1セット購入しました。

 

 

使い方

使い方は、単純に口を塞ぐようにテープを貼るだけです。写真のように、テープが口の真ん中に来るように、鼻の下から顎まで一直線になるように止めます。

 

 

最低限、寝ている間に取れてしまわなければいいので、そんなに難しく考える必要なございません。

 

使い心地

私は肌荒れしやすく剃刀負けしてしまうのですが、このテープは肌に優しく問題なく使えました。

また、粘着力も十分に強く多少のことで剥がれることはありません。ただ、あくびができないのは辛かったです。

 

息苦しさ

結論から言うと、息苦しさは全然感じませんでした。

私は鼻炎持ちで常に鼻が詰まっていて、鼻呼吸に不自由を感じます。特にこのテープを使い始めてから就寝中はいかに口呼吸をしていたか気付かされました。

そんな私でさえ、テープで口を塞がれても途中で目覚めることなく、翌朝もスッキリ起きられているので、特に心配する必要はありません。

 

効果

肝心な効果のほどですが、残念ながら30日では目立った変化は感じられませんでした。

ただ先ほども述べたように、いかに口呼吸で寝ているか思い知らされました。テープを剥がして二度寝したとき、気付いたら口を開けて寝ています。テープを使う前は、全く意識になかったことです。

説明書には、3週間も使い続ければテープなしでも鼻呼吸が自然に習慣化できると書いてありますが、現実には厳しいです。私も30日使いましたが、テープを使わなくなったら元に戻ってしまいました。

もし本気で口呼吸をやめたいなら、長期間使い続けることをおすすめします。

 

口テープはこんな人におすすめ

 

・ 朝目覚めると舌が乾燥している感じがする
・ 就寝中に枕が唾液でびっしょり
・ 家族にいびきを指摘されたことがある
・ 風邪をひきやすい

 

特にいびきは、心筋梗塞などの血管疾患にも直結する無呼吸症候群にも直結する危険な症状です。

しかし、就寝中の口テープで口呼吸をストップすることで、いびきも治まるのです。

 

 

まとめ

口テープを30日間使ってみましたが、特に息苦しさや肌荒れなどの違和感はなく快適に眠れました。私はひどい口呼吸であることがわかったのも収穫でした。

このテープを貼るだけで口呼吸を確実に停止できます。特に、いびきにお悩みの方にはオススメです。

ad2
この記事を書いている人 - WRITER -
意外と知られていない健康に関する知識や実践して効果のあった健康法を紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 健活ラボ , 2019 All Rights Reserved.