はじめよう、健康習慣。 続けよう、元気な毎日。 信じよう、幸せな未来。

突然の雨で傘がないときどうする?私の経験した6つの対処法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
意外と知られていない健康に関する知識や実践して効果のあった健康法を紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

外出中に突然のゲリラ豪雨に見舞われた経験をお持ちではないでしょうか?

私も夏場を中心に何度も被害に遭ってきています。

突然の雨のとき、どのような対処法を取るのが賢いのでしょうか?

雨に濡れながら帰るのも嫌だし、コンビニで買うと高いし、もっとうまい方法はないの?

というお悩みに応えるべく6つの対処法を紹介します。

ad1

 

雨に濡れながら走って帰る

私は大雨の中を帰ったことあります。たった5分くらいだったのですが、頭からシャワーを浴びたときのようにびしょ濡れになりました。寒くて風邪ひきそうになりました。

家に帰ってすぐシャワーを浴びれたから何とかなりましたが、不快なのでおすすめしません。

 

近くのショップで傘を買う

傘を買えば雨に濡れず快適に移動できますが、駅ナカやコンビニのショップだと500円くらいと高いのが難点。1回切りの傘に500円も払うのは金銭的に痛いです。

できれば100円ショップを探したいところです。

 

雨が止むまで避難

夏のにわか雨は1時間以内に止むことも多いです。時間に余裕があるなら待つのも手です。

ただ、いつまで経っても止まないこともあるので、時間を無駄にしてしまうリスクがあります。私も駅で2時間待っても雨が止まず、結局びしょ濡れに帰る羽目になったことがあります。

効率よく時間を潰せる人でないと難しいでしょう。

 

コミュニティバスで傘を借りる

私の住んでいる地区はコミュニティバスが走っており、バスに乗ると傘を貸してくれます。駅に着いたとき雨が降ってきても、100円のバス代を払えば傘を貸してもらえるのでお得です。

私も駅で雨に降られたときは、この方法に落ち着きました。安いし、家の近くまでバスに乗せてもらえるので一石二鳥です。

 

家族に迎えに来てもらう

家族が近くに住んでいるなら、迎えに来てもらうのが一番無難です。

予期せぬ雨が降ると私の家の最寄駅では、電話してる人でごった返しています。

私の父も傘を持っていないと家に電話して迎えに来てもらっていました。

 

市(区)営施設で傘を借りる

図書館や市(区)営体育館など、公営施設で傘を貸してもらえることもあります。私の住んでいる市の市営体育館でも、傘を貸してくれるサービスがあります。

近くに市営施設があるようなら、傘を貸してもらえないか頼んでみるのも手です。上手くいけば、家族に迷惑が掛からないし、お金もかからないし、雨に濡れずに済むのでラッキーです。

 

まとめ

突然の雨に合った場合の対策を6つ紹介しました。

「濡れて帰る」、「傘を買う」、「家族に迎えに来てもらう」

という手段が一般的ですが、難しい場合は無料で借りるという手もあります。

近くに図書館や市役所などの公営施設がある場合は、貸してくれないか頼んでみましょう。

ad2
この記事を書いている人 - WRITER -
意外と知られていない健康に関する知識や実践して効果のあった健康法を紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 健活ラボ , 2018 All Rights Reserved.