はじめよう、健康習慣。 続けよう、元気な毎日。 信じよう、幸せな未来。

ピロリ菌除菌後も胃の調子に変化なし?除菌1年半後の私の体調

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
意外と知られていない健康に関する知識や実践して効果のあった健康法を紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

胃がん、胃潰瘍の主因とされるピロリ菌。私の胃を30年以上にわたり苦しめ続けたこの菌を完全除菌してから、約1年半が経ちました。

ピロリ菌をこれから除菌する人やすでに除菌した人まで、ピロリ菌除菌後の胃の調子が気になる人も多いと思います。

そこで、この1年半の胃の症状や回復具合をお話します。

 

ad1

ピロリ菌除菌直後の胃の具合

私は1次除菌を失敗し2次除菌で取り除きました。ただ、除菌成功した2次除菌後より失敗した1次除菌直後の方が胃の調子は良かったです。

1次除菌直後は見違えるように胃の調子がよくなり、食欲も増してたくさん食べられるように。ただ、また、除菌後1ヶ月くらいしたら、いつもの胃のキリキリ感や胃もたれが戻ってきたので、実際に調子良く感じたのは、除菌薬を飲み終わった後の1週間程度です。結局、除菌判定の結果は失敗に終わりました。

成功した2次除菌後は、胃の調子はあまり変わっていないように感じました。1次除菌後のように劇的に食欲が増したわけでもなく、胃の不快感もいつも通りといった感じです。ただ、除菌は成功できたので、除菌したから胃の調子が劇的に改善するわけではないと思います。

ただ、1次除菌後は薬の副作用の影響か、ひどい便秘になってしまいましたが、2次除菌は薬そのものが便秘に効く性質があったのか、薬を飲み始めたとたんに驚くほどドッサリ出てくれて、一変に便秘が解消しました。便秘が治ったという意味においても、2次除菌までして良かったと思っています。

リンク:【経験者が語る】ピロリ菌除菌後の便秘の原因と解決策

 

胃の調子の変化

現在、2次除菌終了してから約1年半が経過しました。

結論を言ってしまうと、除菌したからと言って胃の調子が劇的に変わったようには思えません。やはり、30年以上ピロリ菌に胃を荒らされ続けてしまったため、すぐに治るはずはありません。

ただ、少しの改善は実感できます。食後に胃痛や胃もたれに悩まされることが減ったように思えることと、就寝時の胸焼けが改善されました。

以前は、就寝中の胃酸の逆流が酷く枕を高くしないと寝られないほどだったのが、今では普通の状態でも翌朝に胸の辺りがキリキリすることもなくなりました。恐らく、ピロリ菌を除菌したことで消化が良くなり、寝る前には胃の中がほぼ空っぽになり、胃酸過多にならなくなったためと思われます。

わずかながらの変化を感じられるようになった一方、冬になると胃痛が起きます。冷えによるストレスが原因でしょう。

1年前の冬は、胃に激痛が走り医者に行ったほどです。ただ、春になるといつの間にか症状が消えていました。その後の胃カメラ検査でも異常なしでした。

 

胃カメラ検査の結果

ピロリ菌2次除菌終了(2017年6月)してから、2回ほど胃カメラ検査をしています。1回目は除菌が終わって3ヶ月後の9月、2回目はその翌年9月です。

1回目は、除菌前に受けた胃カメラ検査の結果と大きな違いは見られませんでした。私は胃の下部粘膜に鳥肌状の傷があるのですが、「少しだけ改善されている」と言われました。ただ、胃の方々に赤い斑点が多く見られ、これもピロリ菌による炎症の一種とのことでした。

2回目に受けた時は、かなり改善されていたようです。医師の話では、「ピロリ菌除菌後から順調に治癒してきている」そうです。1回目のときにたくさん見られた赤い斑点もかなり減りました。また、鳥肌もまだ残ってはいるものの、最初のときと比べてかなり改善してきているとのことでした。

自覚症状としてはそこまで大きな変化は感じられなかったのですが、胃カメラでは順調に改善されていることが明らかになったので安心しました。自覚症状と炎症の酷さは一致しないということを痛感させられました。

自覚症状を信頼せず、ピロリ菌除菌後は定期的な胃カメラ検査が欠かせません

 

まとめ

私がピロリ菌除菌してから、胃の調子がどう変わっていったかをお伝えしました。

残念ながら、長年ピロリ菌に荒らされ続けた胃は、除菌したからといって簡単には治りません。人によっては、胃の調子が劇的に良くなったように感じる人もいるようですが、傷までもが完全に消失したわけではないので、定期的な胃カメラ検査は必須です。

自覚症状は個人差があるので、感じやすい人と感じにくい人がいるのでしょう。

ただ一つ言えることは、ピロリ菌除菌して損はありません。このままピロリ菌を飼い続ければ、傷口がさらに広まり胃がんのリスクを高めます。事実、胃がんの99%はピロリ菌保持者だったという報告もあるほどです。

また、ピロリ菌除菌しても胃がんリスクはゼロになりません。除菌後は1年に1回、胃カメラ検査を受けましょう。

 

ad2
この記事を書いている人 - WRITER -
意外と知られていない健康に関する知識や実践して効果のあった健康法を紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 健活ラボ , 2019 All Rights Reserved.