カラダを変えるために知っておきたい知識を紹介

ランニングマシンvs屋外!ウォーキング効果が高いのはどっち?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
意外と知られていない健康に関する知識や実践して効果のあった健康法を紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

雨の日や暑い日など、屋内での運動を強いられたときに便利なのがランニングマシン。快適な室内なので、ウォーキングの継続に欠かせません。

ただ、ランニングマシンでのウォーキングは、外を歩いたときと比べて効果はどうなのでしょうか?各々のメリット・デメリットを7つの観点から比較してみました。

ad1

利便性

利便性では断然ランニングマシンが上。天気に関係なくいつでもでき、ジムに通っている人は筋トレついでに行えるので、とても便利です。夜など道を歩くのが怖い時にも役立ちます。

さらに、傾斜も自由につけられるので、近くに坂道がないという人に便利です。坂道を歩くことで、体幹の筋力アップとダイエット運動を同時に行えます。

普段のウォーキングでは計測できない、消費カロリーや歩行距離もすぐに教えてくれるのも嬉しいです。

 

快適性

屋外ウォーキングは、気温や天候に左右されるのが難点。一方、寒さ・暑さ、悪天候と無縁な屋内は、一年中快適に運動できます。

ただ、気象条件の良い日は屋外が断然快適です。外の風に当たりながら運動するのは気持ちいですし、青空の下を歩くのは気分爽快です。

ランニングマシンか屋外ウォーキングかは、気温や天気によって使い分けるとよいでしょう。

 

モチベーション

ウォーキングを楽しみたいなら、屋外が断然おすすめ!ランニングマシンはずっと同じ場所を歩いているだけで、景色も変わらないのでモチベーションを保つのは難しいです。そのため、30分以上歩き続けるのは辛いものがあります。歩く時間が少ないと、その分効果も期待できません。

ダイエットや長く続けたい方は、景色の変化を楽しめる屋外ウォーキングをおすすめします。

 

ダイエット効果

ダイエットの鍵を握る消費カロリーで比較した場合、屋外ウォーキングに軍配が上がります。

ウィスコンシン大学のジョン・ポーカリ博士によれば、屋外で走る方がランニングマシンで走るよりも3%から7%ほど多くカロリーを消費するとのこと。ベルトが動くランニングマシンは、前に進むのを助けてくれ、風の抵抗も受けないのがその理由だそうです。

走るスピードによってもカロリーは変わり、ジョギングくらいのペースであれば屋外が3%程多く、もっと速い場合は7%くらい多くなります。

リンク:Women’s Health

もちろんスピードが遅くなれば差も縮まるので、ウォーキングの場合はあまり差はないとも言えます。ただ、ランニングマシンを使って効率的にダイエットしたい方は、傾斜をつけたり、スピードを速めるなど少しでも多く消費できるよう工夫するとよいです。

 

健康効果

屋外のウォーキングはどこで行うかにもよって効果が変わってきます。

空気が汚染されている大通りでのウォーキングは肺や気管支に悪影響であり、屋内でランニングマシンを使用した方が健康的です。また、真夏の炎天下で直射日光が直接降り注ぐような場所では熱中症のリスクがあります。

一方、公園内など森林ウォーキングは健康的です。森林での運動は、免疫の向上、がん細胞を排除すると言われるナチュラル・キラー(NK)細胞を活性化することが示されました。

リンク:林野庁プレスリリース

屋内でのウォーキングが中心になっている方は、たまには森林ウォーキングを取り入れてみてください。

 

膝への負担

ウォーキングマシンはベルトが柔らかいので、硬いコンクリートの上を歩くよりも衝撃が軽くなり、膝への負担も少ないです。

ただ、マシンによっては衝撃吸収がされにくいベルトもあり、コンクリートの地面と同じくらいのダメージになる場合もあります。

膝への負担が心配な人は、公園内を歩くことをおすすめします。土の道なので衝撃も少ないですし、車もないので綺麗な空気や森林の香りを味わえ健康効果も抜群です。

 

姿勢の乱れ

ランニングマシンと通常のウォーキングでは、全く事情が異なります。

ランニングマシンは、ベルトの力で歩くため、自分で蹴り出す必要はありません。一方、マシンを使わない通常のウォーキングでは、自分で地面を蹴ることによって前に進みます。

マシンウォーキングは普段の日常生活とは異なる動きをするため、やっていて強い違和感を覚えるものです。そのため、マシンにばかり頼っているとフォームを崩してしまいます。フォームが崩れることにより、猫背や腰痛などにつながるリスクもあるので注意が必要です。

ウォーキングには姿勢も非常に重要なので、できるだけ通常のウォーキングをおすすめします。

 

まとめ

ランニングマシンと屋外ウォーキングは、どちらにもメリット・デメリットがあり、一概にどちらがいいと決めつけることはできません。

ただ、カロリー消費の効率の良さやモチベーションという面を考慮すると、外のコンディションさえ良ければ、屋外ウォーキングが勝っていると言えます。

健康やダイエット目的で本格的にウォーキングを実践するなら、普段は屋外ウォーキング中心で、ランニングマシンの使用は、雨の日など悪天候の日だけに留めておくのがベストです。

ad2
この記事を書いている人 - WRITER -
意外と知られていない健康に関する知識や実践して効果のあった健康法を紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 健活ラボ , 2018 All Rights Reserved.