はじめよう、健康習慣。 続けよう、元気な毎日。 信じよう、幸せな未来。

東京駅地下ウォーキングコース、大手町ー銀座間を歩いてみた

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
意外と知られていない健康に関する知識や実践して効果のあった健康法を紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

東京には一度も地上に出ることなく最長4キロ歩けてしまう地下道があります。その代表が東京駅地下道

大手町駅~銀座駅まで全て地下でつながっています。地下鉄大手町駅を出発し、東京駅を横切り、有楽町、銀座と経由するコースです。

今回は、この地下ウォーキングコースの全貌を紹介し、歩いてみて感じたことを綴ります。

ad1

コース概略

今回のコースは、

丸の内線大手町駅~東西線大手町駅~東京駅丸の内口~京葉線東京駅~東京国際フォーラム~有楽町線有楽町駅~東京会館
~有楽町イトシア~丸の内線銀座駅~銀座線銀座駅

です。

大手町駅~丸の内線銀座駅までのルートは下地図の黒線で記しました(クリックで拡大)。

丸の内線大手町駅~東京駅

改札を出て左に曲がり東西線大手町駅方向に歩いていきます。東西線大手町駅は看板で方角を教えてくれますので、それに従って歩きます。

 

東西線大手町駅中央改札に到着後、左折します。JR線東京駅の黄色い案内板もあります。

 

しばらく進むと東西線大手町駅中央東改札に到着です。

 

さらに直進しB2b・B2c出口の案内板が見えたら右折します。

 

右折すると東京駅へは真っ直ぐ進むようにとの案内板があります。

 

エスカレーターを上ると『丸の内オアゾ』の入口です。

 

ここから京葉線東京駅まで続く、東京駅地下道が始まります。

丸の内オアゾ↓

 

丸の内オアゾを長らく進み、突き当り(下画像)を右折すれば東京駅丸の内北口改札です。

 

東京駅丸の内口~東京国際フォーラム

丸の内地下北口を左折し八重洲口側へ抜ける自由通路へ入ります。

 

自由通路を直進し八重洲口側に着いたら右折し、京葉線東京駅を目指します。京葉線東京駅へは案内板の通りに進みます。

京葉線東京駅改札↓

 

京葉線東京駅到着後左折し、しばらく進むと東京国際フォーラムの入り口が見えますので中に入ります。

 

東京国際フォーラム~地下鉄有楽町駅

東京国際フォーラムの通路を右折し、その後突き当りを左折し、直進すると地下鉄有楽町線有楽町駅に到着します。

東京国際フォーラム通路の窓からは、展示スペースを覗けます↓

 

地下鉄有楽町線有楽町駅↓

 

有楽町駅~銀座駅

有楽町駅到着後左折、直進後D8出口より東京交通会館方面へ入ります。

 

東京交通会館を通り、有楽町イトシアを経由し、丸の内線銀座駅へ到着です。銀座駅までは案内板がありますので、それに沿って歩きます。

東京交通会館のレストラン街を歩きます↓

 

東京交通会館と有楽町イトシアをつなぐ玄関には、きれいなシャンデリアがありました↓

 

有楽町イトシア↓

 

 

丸の内線銀座駅↓

 

丸の内線銀座駅到着後は、東京メトロの案内板に従い、日比谷線銀座駅を経由し直進すると、銀座線銀座駅に到着です。銀座線方面は、わかりやすい標識があるので迷うことはありません。

銀座線銀座駅改札正面の通路(下写真)から銀座プレイスを抜けると、東銀座まで歩けます。

 

まとめ

今回私が歩いたコースは大手町から東京駅を経由して銀座駅をゴールとする2.6キロのコースでしたが、大手町から二重橋、日比谷、銀座を経由し、東銀座へ向かうコースなら、最長4キロ歩くことも可能です。もちろん、全て地下でつながっています。

一度も地上に出ることなく長い距離歩けるので、雨に全く濡れずに歩けます。地下道なので冷暖房も効いており、夏と冬も快適です。

大都会の地下道とあって人通りが多く、少し息苦しさを感じますが、雨の日のウォーキングには大変便利ですので、東京近辺に住んでいる人は、ぜひ歩いてみてください。

 

ad2
この記事を書いている人 - WRITER -
意外と知られていない健康に関する知識や実践して効果のあった健康法を紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 健活ラボ , 2018 All Rights Reserved.