はじめよう、健康習慣。 続けよう、元気な毎日。 信じよう、幸せな未来。

早朝ウォーキングの危険性と3つの安全策

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
意外と知られていない健康に関する知識や実践して効果のあった健康法を紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

健康のために毎朝ウォーキングしているという方もいらっしゃると思います。

しかし、この早朝ウォーキングには大きな落とし穴があるのです。

起床後すぐの運動は体に負担がかかり、やり方を間違えると突然死なんてことにもなりかねません。

今回は、早朝ウォーキングが危険な理由と安全に早朝ウォーキングをするために気を付けるべき点を解説します。

ad1

早朝ウォーキングの危険性

早朝ウォーキングの危険な理由を3つ挙げます。

 

心臓へのリスク

一番怖いのが心臓へのダメージです。

朝起きたばかりだと血管が収縮して血流が少ない状態です。運動をすれば血流が一気に増えますから、血管が詰まり、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まります。

特に心臓に持病のある方は、軽いウォーキングでも油断できないので注意が必要です。

 

低血糖

早朝は前日の夕食から10時間以上経過しているので、胃の中が空っぽです。

そこでエネルギーになるものを何も食べずに運動すれば、低血糖発作のリスクを高めます。

低血糖になると、動機や手汗のふるえから始まり、最悪の場合、意識障害や昏睡状態に移行し、命を落とすこともあるのです。

短時間の散歩程度ならいいですが、朝から本格的なウォーキングをするという方は注意が必要です。

 

怪我のリスク

寝起きは筋肉が硬い状態です。起きてすぐ無理に体を動かせば、肉離れなどのケガにつながります。

早歩きや坂登りなどの筋肉に負荷をかけるウォーキングを行う場合は、しっかりほぐしてから行う必要があります。

 

早朝ウォーキングを安全に行うための対策

体への負担が大きい早朝ウォーキングを安全に行うための3つの対策を紹介します。

 

起きてから30分以上あける

起きた直後は血管が収縮していますので、この状態でのウォーキングは自殺行為です。

だた、収縮した状態も30分経過すると元に戻ると言われていますので、心臓へのリスクを減らすために、最低30分以上空けてからウォーキングを行いましょう。

 

軽い朝食

胃が空っぽの早朝に、甘い物を一切摂らずに運動するのは、低血糖の原因になります。

できれば朝食後にウォーキングをしたいものです。ただ、朝食をしっかり食べてしまった後の運動は、消化不良を起こし、それはそれで体に悪いです。

最低糖分さえ摂取すれば低血糖は予防できるので、胃の負担にならない果物果物入りのジュースを飲んでウォーキングしましょう。コンビニで買える野菜ジュースでもよいです。

もし、それすら不可能な場合は、最低でも水だけは摂るようにしてください。

寝ている間は水分を一切摂らず、またかなりの水分が排出されているので、血液がドロドロです。水さえ飲まずに運動すれば、血栓(血の塊)が血管を塞ぎ、心筋梗塞や脳梗塞で命を落とすことにつながりかねません。

 

ストレッチ

起床後すぐは筋肉が硬いので、しっかりストレッチで体をほぐしましょう。

起きてからウォーキングまで30分あるので、その時間を使って全身の筋肉を伸ばしてください。

注意点として、無理に伸ばしてはいけません。無理なストレッチは体を痛めます。ゆっくりリラックスし、気持ちよいと感じる程度に伸ばすことが大切です。

 

心臓の悪い人は避けるべき

心臓に持病がある方は、早朝のウォーキングは避けたほうが無難です。

先に起床後30分以上経ってからであればOKと書きましたが、心臓の悪い人は話が別です。

朝は交感神経が活発化するので血圧が上がりやすく、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まります。健康な人であれば何とかなりますが、心臓に爆弾を抱えている人が、わざわざリスクを犯すのはオススメできません。

もし、どうしても早朝にウォーキングをしたい場合は、30分以内の軽い散歩で留めてください。その程度のウォーキングであれば、負荷がほとんどかからないので、ほぼ安全と言えます。

 

まとめ

早朝ウォーキングの危険性とその対策を見てきました。

健康のために始めたウォーキングで命を落とすようなことになれば、悲惨な出来事で済まされるような話ではありません。

早朝のウォーキングには万全な対策を施し、できれば軽い散歩程度に留めておくことをおすすめします。

 

ad2
この記事を書いている人 - WRITER -
意外と知られていない健康に関する知識や実践して効果のあった健康法を紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 健活ラボ , 2018 All Rights Reserved.