カラダを変えるために知っておきたい知識を紹介

雨の日に傘さしてウォーキングに行かない5つの理由

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
意外と知られていない健康に関する知識や実践して効果のあった健康法を紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

ウォーキングを続けていく上で大きな悩みの一つに「雨の日はどうするか?」という問題があります。

雨の日はウォーキングを中止するという人もいれば、傘さしてでもウォーキングを強行する人もいるでしょう。私個人的には、雨の日のウォーキングはオススメしません。理由は、ストレスを感じるからです。せっかくウォーキングしてもストレスを感じるようであれば、逆効果です。

今回は、雨の日に傘をさしてウォーキングすることに抵抗を感じる5つの理由をまとめました。あくまで個人的な意見ですので、参考程度にお願いします。

ad1

片方の腕を振れない

片方の手は傘を持っているので振ることができません。傘を持っていない方の腕だけ振って歩く形になるので、姿勢を乱されますし違和感を覚えます。

ウォーキング中にどれだけ腕を振れば効果的かは賛否両論ありますが、片方の腕だけ静止しているのはストレスになり、気持ちよく歩けません。

自然なフォームで歩くためにも傘を持って歩くのは嫌いです。

 

腕が疲れる

傘をさしていると、傘の重みや支えるための力が必要で腕が疲れます。

腕が疲れると、歩くことよりも腕の方に神経が行ってしまい落ち着きません。ウォーキングを楽しむためにも、腕が楽な方がいいに決まっています。

傘をさすことで腕を鍛えられるという反論もあるでしょうが、それなら腕立て伏せをした方が遥かに効果的です。

ウォーキング中はリラックスしたいので、腕に余分な力を使うようなことはしたくありません。リラックスすると副交感神経がしっかり働くので、胃腸も元気になり体もポカポカしてきます。

逆に傘を手で持って支えることで交感神経を活動させてしまい、せっかくのウォーキングも健康的でなくなってしまうのです。

 

ウォーキングに集中できない

ウォーキングはリラックスして行いたいのに、傘をさすことに神経を使わないといけないのでウォーキングに集中できません。

ウォーキングを行う際は、できるだけ歩くことに集中したいので、余計なことにエネルギーを取られたくありません。

せっかくの楽しいウォーキングも、傘をさすことで新たなストレスを生み出してしまいます。それなら、ウォーキングを休んだ方がいいと考えます。

 

服が濡れる

傘をさしていても、雨が強ければ完全に防ぎきるのは困難です。また、地面から水がはねて靴下やズボンの裾を濡らしてしまいます。

傘をさしていても、結局洋服が濡れて不快な思いをするのだから、雨の日に長時間外でウォーキングするのは避けるべきだと考えます。

 

室内でも運動できる

雨の日まで無理に屋外で運動する必要がないと思う理由は、室内でいくらでも運動できるからです。

もちろん、ウォーキングも工夫次第で十分可能です。ジムのルームランナーを使ったり、広いショッピングモールや駅地下を利用すれば、長い距離を歩けます。

私の場合、雨の日はジムで筋トレをするようにしています。ウォーキングだけでは筋肉を鍛えることが難しいので、週2~3回程度は筋トレも必要になりますが、雨の日は絶好のタイミングです。普段はウォーキングで、天気の悪い日は筋トレをすればメリハリがつきます。

屋外で太陽の光を浴びながら運動すると気持ちいいですが、雨の日はそれが不可能なので、たまにはウォーキング以外の運動にチャレンジしてみるのもおすすめです。

関連記事:雨の日も安心!濡れずにウォーキング可能な場所5選

 

まとめ

雨の日にウォーキングしたくない理由を述べてきましたが、人によっては怠け癖がついてしまいそうなので、雨でもやりたいという人もいるでしょう。

その場合は、傘をさすのではなく、雨具を着用して行ってください。帽子とズボンとレインコートがセットになった雨具が販売されているので、それを着れば傘をさすのとほぼ同様の効果が得られます。

関連記事:雨の日のウォーキングにベストな服装は?快適に歩ける3点セット

ただ、雨が強いと雨具の隙間から侵入することもありますし、いちいち雨具を乾かすのも面倒なので、私はやりません。

ad2
この記事を書いている人 - WRITER -
意外と知られていない健康に関する知識や実践して効果のあった健康法を紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 健活ラボ , 2018 All Rights Reserved.