はじめよう、健康習慣。 続けよう、元気な毎日。 信じよう、幸せな未来。

カップ麺を毎日食べるとどうなる?衝撃の健診結果が明らかに!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
意外と知られていない健康に関する知識や実践して効果のあった健康法を紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

不健康であることをわかっていながらも、ついつい食べてしまうカップ麺。

ただ、世の中には毎日カップ麺を食べ続けたという強者も存在します。

もし、カップ麺を毎日食べ続けると、どのような健康被害が生じるのか?カップ麺は本当に体に悪いのか?

今回は、カップ麺が健康に与える影響を見ていきます。

スポンサーリンク

カップ麺を毎日食べ続けた人の結末

カップ麺を毎日食べ続けると健康に悪影響が出ることは容易に想像できると思います。これから紹介する事例は、想像を絶する結果でした。

 

YouTubeで紹介された衝撃の転落人生

『カップ麺を毎日食べ続けた人の物語』というYouTube動画は正に衝撃でした。

動画の主人公は子供の時から、大人になり会社勤めするようになっても毎日カップ麺を欠かさず食べていました。母親や妻が作った手料理はほとんど食べず、カップ麺だけで食事を済ますほとです。

そんな生活を続けた主人公に異変が生じます。

体がだるい、子供ができない、仕事がうまくいかない、髪の毛が薄くなる・・・

 

さらに、健康診断で異常が判明します。

精子量が極端に少なく子供ができない、高血圧、糖尿病の疑い、脂質代謝異常

 

これが転落人生の始まりだったのです・・・

 

これは作り話ですが、次に紹介する事例を見れば、決して大げさな話でないことを理解できるはずです。

 

1年間毎日カップ麺を食べた人の健康診断結果

上で紹介した話はフィクションですが、これから紹介する話は本当にカップ麺を毎日食べ続けた人の実話です。

彼は仕事に忙しく、「お昼ご飯をカップ麺だけにする」という生活を送っていました。

 

そんな生活を1年間以上続けて受けた健診結果は、

「肝機能障害(各種肝炎・脂肪肝の疑い)」、「白血球増多症(炎症所見を認める)」、「脂質代謝異常(脂質検査異常を認める)」

と散々なものでした。

 

直ちに中止し、カップ麺は一切食べない生活を1年間送った後の健康診断では、

 

“異常なし”

 

正に、カップ麺を毎日食べることの危険性を実証したものとなっています。

 

リンク:https://socom.yokohama/news/tips/13946/

 

カップ麺を毎日食べるとリスクを高める病気

カップ麺は脂質と糖質の塊です。それを長期間毎日食べ続ければ、日常的な体調不良では留まらず、より重篤な病気の発症リスクさえ高めます。

 

糖尿病

カップ麺の大分部を占めるのは精白小麦です。精白小麦は不純物が取り除かれているので、血糖値の急上昇・急降下が短時間で起こる血糖値スパイクが現れるのです。

血糖値スパイクが起こるとリスクを高めるのが糖尿病です。血糖値の急上昇で膵臓から大量のインスリンを分泌させることを長期間繰り返しているとインスリン機能が低下し、糖尿病リスクを高めます。

糖尿病の原因は、運動不足や肥満、遺伝などが複雑に絡み合い、まだ原因は判明していませんが、カップ麺を毎日食べることによるカロリーオーバー栄養不足、そして血糖値スパイクが続けば、糖尿病に重大な貢献を果たすのは間違いありません。

 

脂肪肝

カップ麺は油が多いのも特徴です。油で揚げた麺を使用しているため、大量の脂質と糖質で高カロリーです。毎日食べれば、当然カロリーオーバーになるでしょう。

カロリーオーバー生活が続けば、肝臓に脂肪が蓄積していく脂肪肝を発症します。脂肪肝は自覚症状がなく、定期健診を受けない限り重症化するまで気付かないでしょう。

脂肪肝の怖さは、肝硬変や肝臓ガンという重篤な病気に発展することです。肝臓ガンは、全てのガンの中でも予後が悪い部類に入るので、一度発症したら最後と言っても過言ではありません。

カップ麺をよく食べる人は定期検診を絶対に怠らず、肝機能異常を指摘されたら直ちにカップ麺を中止してください。

 

脂質代謝異常(高脂血症)

カップ麺を毎日食べ続けると、脂肪肝と並んで高確率で指摘される異常が脂質代謝異常(高脂血症)です。

高脂血症も脂肪肝同様にカロリーオーバーが原因で発症します。高カロリーな食生活を続けることで、悪玉コレステロールと中性脂肪が血中に蓄積されることが直接の原因です。

高脂血症も自覚症状がなく、検査を受けない限り気付きません。放置すると、血液中に脂質が溜まり、それが塊を作ることで血液の流れが滞ってしまう動脈硬化に発展します。

動脈硬化が進行すると、血液が完全に詰まってしまう心筋梗塞・脳梗塞で命を落とす可能性も出てくるので、1年に1回の定期健診を確実に受診しましょう。

 

高血圧

カップ麺は塩分も多いです。毎日1カップ以上食べれば、1日の限度(10g)を簡単に超えてしまいます。

塩分の摂り過ぎは、高血圧を招きます。カップ麺をよく食べる人は、毎日血圧をチェックするようにしてください。

カップ麺を食べていても、カリウムの多い野菜・果物・ナッツ類を食べていれば、被害を食い止められる可能性もあります。

 

心筋梗塞

高脂血症のところでも説明したように、高脂血症→動脈硬化という経過をたどり、心筋梗塞に発展するリスクがあるので要注意です。

 

ガン

カップ麺を毎日食べると発がんリスクも上昇します。

まず、脂肪肝→肝臓がんという経過をたどる可能性が考えられます。脂肪肝は自覚症状がなく、気付かないうちにガンを発症してしまう恐れがあるので要注意です。

また、長きにわたりカップ麺だけで食事を済ませる生活を続けると、栄養不足から免疫力低下を招き発がんすることも考えられます。

また、カップ麺は糖質が多くビタミンB1を大量に消費するため、必然的にビタミンB1不足に陥りやすいです。ビタミンB1不足も免疫力低下の一要因です。

 

感染症

カップ麺を毎日食べ続けたことによる栄養不足とビタミンB1不足から免疫力が低下し、風邪やインフルエンザ、肺炎等の感染症リスクを高めます。

 

慢性疲労

毎日カップ麺を食べていると、ビタミンB1不足に陥りやすくなります。

ビタミンB1が不足すると、糖質からエネルギーを作り出せなくなり、常に体がダルイ状態に置かれます。少しのことで疲れてしまいますし、意欲や集中力が低下し、最悪、職を失うかもしれません。

慢性疲労に陥れば日常生活にも支障が生じ、最後は寝たきりになってしまう可能性もあります。

 

まとめ

カップ麺を毎日食べれば健康に悪影響が生じ、人生を大きく狂わしてしまうことも考えられます。

カップ麺はたまに食べるのが無難と言えます。

もし毎日カップ麺を食べる生活を送っているなら、自分や家族の幸せのためにも今すぐ中止してください。

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
意外と知られていない健康に関する知識や実践して効果のあった健康法を紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 健活ラボ , 2018 All Rights Reserved.